女性

アニメ作成者やイラストレーターになりたい方は専門学校に行こう

いくつかの注意点を確認

女の子のイラスト

アニメ関係の専門学校への進学を志している方は、学校選びを慎重にする必要があります。学校選びで注意する点として、講師陣が現役でアニメ関係の仕事をしているのか、という点です。なかには、現役を引退してから講師をしている方もいるでしょう。現役を離れた期間は5年以内だとまだ大丈夫だといえます。しかし、10年以上その業界にいない場合、アニメ業界はその講師がいた頃とは様変わりしている可能性があります。専門学校は就職先の斡旋などをしますが、これは講師陣が業界との人脈があってこそ発揮できるものです。10年以上も現役を離れた人は、そのような力を及ぼすことがもうできない可能性があります。したがって、できるだけ現役でアニメ業界において活躍している講師がいる学校を選びましょう。また、多くの専門学校は、就職率90%以上を誇っているところが多いようです。しかし、数と同じくらい質も大切です。本当に自分が働きたかった就職先でなくては、いくら就職できても完全には満足できないと思います。ただ就職させるのではなく、就職先への満足度もチェックしておくといいでしょう。さらに、学科やコースなどがあまりにも細分化されていないかを確認することも大切です。アニメ関連の職業といっても、アニメ製作から声優業まで様々な業種があります。これを個別に深く学ぶことは重要ですが、それだけを特化すると幅の狭い知識しか取得できません。アニメ業界では職業自体は個別に存在しても、その領域はお互いに重なり合っている部分があるのです。できるだけ幅広い知識を得ることができる専門学校を選ぶようにしましょう。

養成学校で効率よく勉強

漫画を読む人

漫画家になるには大変な努力と幅広い知識だけではなく、自己プロデュース力も必要になります。このような勉強を独学で行なうのは効率が悪いので、マンガに関する技術や知識を学ぶことができる高校に進学するといいでしょう。

Read More...

絵を描いて生活するには

描く人

イラストレーターになりたい方は、それを養成する学科がある高校で学ぶといいでしょう。そこでは、パソコンを使用したCG技術など独学では難しい技術を学ぶことができます。また、求められた絵を描く能力も磨けます。

Read More...

講師で選びましょう

映像

映像関係の仕事につきたいと考えている方は、専門学校で学ぶといいでしょう。学校の選び方としては、自分の好きな映像作品を作製している講師が在籍しているか、ということを基準にすることが大切です。

Read More...